しばししばしばシシカバブー

英検3級がGoogle翻訳を駆使してADVを中心に海外ゲームを翻訳していきたいと思っているブログ。

「Sorry, James」日本語訳 デモ版ver2.0

 

 

 製品版、トレーラーの記事はこちら。

「Sorry, James」 製品版 日本語訳 - しばししばしばシシカバブー

「Sorry, James 」 日本語訳 トレーラー - しばししばしばシシカバブー

 

 

※この記事には直接的な性的表現が多々含まれます。

 

 

 

Chat.e Kevin
Kevin
hi
dunno how it will helps, but I got
encrypted files of our favorite
boss'es personal records
ハイ
使えるかわからないが 暗号化ファイルを拝借してきた
オレたちの親愛なるボスのプライベートだ

 

Kevin
ファイル送信中……

 

Kevin
hope this is the last time
they are already suspecting me in something.
already
as you know, I'm only a security
engineer and don't have access to
important information
これで最後になるといいんだが
オレはもう疑われだしてるよ
ご存知の通りオレはただのセキュリティエンジニアだ
機密情報にアクセスする術はない

 

you
Ok.
Will check.
わかった。
チェックしてみよう。


pt1.a
9524_6697.ef
Mariia
His name was Mark. Oh, beautiful Mark. Athletic,
dark-haired with crazy blue eyes. When I saw him, he
would always make lingering eye contact with me. I
knew it was lingering because I would meet his eyes,
look away, desperately embarrassed, then look back
and notice he was still looking at me. Those times I
felt like a schoolgirl again. Although he was quite
young, I fell hard and fast.

 

'Hey'. he said. Oh... Who knew that word could sound
so beautiful? I didn't. Not until Mark said it.
Everything has spun, since then. The next few months
were fabulous.

 

I haven't imagined how it would turn out.

 

カレの名前はマーク。ああ、ステキなマーク。たくましいカラダ、
暗色の髪に、すばらしい青い瞳。私がカレを見るときはいつも、
カレからのいじらしいアイコンタクトを感じるの。
私が恥ずかしくなって目をそらして、また振り返ると、カレは未だ私を見つめてた。
そういうとき、学生時代に戻ったような気分になる。カレはちょっと若すぎるけど……
私は深みにハマってしまった。

 

「ヘイ」。カレが言う。ああ……。「ヘイ」ってこんなに美しい響きになれたの?
マークの口から聞くまで知らなかった。
そこから全てが始まった。数ヶ月間、とっても幸せだった……。

 

あんなことになるなんて、想像もしてなかった。

 

4789_3738.ef
Mariia
And sex, what an amazing sex was with him...
He was first who could open me entirely, with him,
all my fantasies came true. When I was resisting, he
just took me by force, and this made me even more
excited. We tried everything that could possibly
come to mind: binding, BDSM, sex toys, threesomes,
roleplaying, I can't even count everything. We were
fucking everywhere and in every way imaginable. Mark
always knew exactly what I want. He could gently
touch every bit of my body, and next moment, he
grabbed my hair and, pressed to the wall and fucking
so hard I forgot how to breathe. After all this, we
could lay down and talk about characters of our
favorite melodramas. He wasn't from this world.


One time Mark forbid me to cum. He always was so
sensual, always knew when I was at the peak of
pleasure and immediately stopped. This countinued for
a few days. All that time he touched me, caressed,
whispered what he is going to do with me... I was so
excited all the time and couldn't think about
anything else. It went so far that, I was already
wet from his voice only. From a kiss, I was ready to
jump on him and tear him apart. When I started to
moan and shiver from his touch he made me an erotic
massage. It was incredible. I cum twice before the
sex itself. Then Mark made me masturbate while he
was in charge of all the process. I never had so
sensual and attentive lover.

 

I felt myself like a little girl with the whole new
would in front of me. Unfortunately, it couldn't
last forever.

セックス。セックス。セックス。カレとのセックスはすばらしかった……。
私をあんなにさせたのはカレが初めてだった。カレとなら私のユメはすべて現実になった。
私が拒むと、カレは力ずくで私を犯すの。とっても興奮した……。
思いつく限り全てを試した。緊縛、BDSM、淫具、3P、イメージプレイ……数えきれない。
あらゆる場所で、あらゆるやり方で……私たちは交わった。
マークはいつだって私が欲しいトコロに欲しいモノをくれた。
カレは優しく私のカラダをすみずみまで撫で上げる……次の瞬間に私の髪を掴み、壁に押し付けて犯し始める。
息もできないくらい激しく……。
全部終わると寝転がってメロドラマのお気に入りのキャラクターについて語り合った。カレはあの世界の登場人物なんかじゃなかった。

 

一度だけ、マークは私がイクのを禁じたことがあった。カレはいつだって官能的で、私のピークを知り尽くしていた。
急に全部やめてしまうと、数日間おあずけ。その間カレはずっと愛撫をしながら私の耳元で企みをささやき続けた。
私は四六時中興奮して何も考えられなくなって、ついにカレの声だけで濡れてしまうようになった。
キスをして、カレに飛びつきカレをなじろうと私がうめき声を上げ始めると、カレは愛撫を再開する。カレの性感マッサージは私を震えさせた。
信じられないことに、それだけで二回イッてしまった。そうこうしてる間、カレは私にオナニーを命じた。
こんなに官能的で気の利く恋人はカレが初めてだった。

 

私は新しい世界の真ん中に立つ小さな女の子のような気分でいられた。
でも、残念だけど、それは永遠じゃなかった。


6225_ 5949.ef
Mariia
Every Day he was drifting away from me further and
further, I did not understand what was happening I
until I saw those messages on his phone. It all
became clear right away. Mark cheated on me. I can't
even tell how painful it was.

 

I decided to leave him, burnt all bridges and move
out so he couldn't find me. These two weeks were a
real torment. I was in agony. I almost felt pain
piercing through my body, as a fire was burning me
from the inside. It felt like it was lasting
forever. I thought I was going crazy. I couldn't
stand it anymore; I returned to him. knowing that it
was a mistake, but I couldn't do otherwise.

 

Everything become different; we become different, it
was not like at the beginning. Later I learned that
this asshole slipped a drop of nicotine every time
we were together! I'm speechless... Here is an
addiction. How did he even came up with all of this?
At first, I thought to hand him over to the police,
but I came up with a better idea.

日に日にカレは私の元から遠くへ遠くへと離れていった。
何が起きたのかまるで理解できなかった……カレのケータイを覗き見るまでは。
全てが明らかになった。マークは浮気していた。
あの瞬間の辛さはとても言葉に表せない。

 

カレと距離を取ることに決めた。全ての関わりを絶って、カレに見つからない場所へ引っ越した。
あの二週間、私は心の底から苦しんだ。地獄のもだえの中にいた。痛みが私のカラダを突き刺し、カラダ中を炎が燃え巡った。
ぜんぶ、永遠に続くような気がした……。今にも発狂してしまいそうで、とてもガマンできなかった……。
結局、カレの元へ帰ることに決めた。間違いだとわかってても、他にどうしようもなかった。

 

何もかも変わってしまった。私たちは変わってしまった。始まりには戻れない。
後から解った。このクソヤロウはニコチンを盛っていたんだ。
私たちはずっと一緒だったから!あまりのことに言葉も出ない……私は中毒に陥っていた。
どうやってこんなひどいこと思いついたの?
最初はカレを警察へ突き出そうとした。
だけど、いい考えが浮かんだの。

 

Chat.e Kevin
Kevin
how is it going?found something
useful?
調子はどうだい?何か使えそうなものは見つかったか?

 

you
Almost finished. This it Maria's
diary.
Where did you get this?
概ね終わったよ。マリアの日記だ。
こんなものどこで手に入れたんだ?

 

Kevin
stole from a friend.
he works in the department.
デパートで働いてる友達から拝借してきた。

 

you
You know, I almost sorry for this
bitch. Even after what she did to
me.
Soon I'll know her skeletons.
ああ…あのビッチにはひどい目に合わされたが、少し気の毒だな。
僕は今からあいつの私生活を透視するんだ。

 

Kevin
so what? are we even now?
どうだっていいだろ?これでチャラだな?

 

you
You can say so.
まあ、そうなるね。


pt1.a
5271_2590.ef
Mariia
I took my time on planning the revenge. While Mark
did not suspect thet I know everything, I was
pretending that I can't live without him. All this
time, while we were together, I was cooking a
special meal for him.

 

1.I must Become really, really, really hot.
2.Sleep with his best friend.
3.Sprinkle laxatives in his suger and pour hair
removal cream in his shampoo.
4.Hack his Facebook account and confess that I, I
mean he, is gaaaaaayyyyyy.
5.Make him leave me and then make him think that
I'm pregnant.

 

First one was the easiest, I had too much motivation
for this.
But it wasn't so easy with a friend. Strange.
It was true pleasant to watch how this dumbass was
freaking out about his hair falling off. And the
fact that he could not leave toilet seat more than a
few steps couldn't make me happier.
Hack his social account also did not make any
problems, I just gave this job to James,
whom I can always entrust to my business.
Unfortunately I couldn't finish my 'special meal' .
Mark disappeared and I haven't heard about him for
a long time.

復讐のプランに時間を割いた。マークは私が全てを知っていることに気付いていない。
カレ無しじゃ生きていけないふりをして、共に過ごし、そうやってカレへのごちそうを仕込んだ。

 

1.ホントにホントにホントに魅力的な女になる。
2.カレの親友と寝る。
3.カレの砂糖に下剤を盛って、シャンプーには脱毛剤を混ぜてやる。
4.フェイスブックのアカウントをハックして「私はゲイです」と書く。
5.カレから別れを告げさせる。妊娠したと思い込ませて悩ませてやる。

 

1つめは簡単だった。私にはありあまるやる気があったから。
それなのに。奇妙なことに、カレの親友をオとすのは容易ではなかった。
3つめ。マヌケ野郎が抜け落ちていく髪を見てパニックに陥るのを眺めているのはとても心地よかった。
だけど正直なところ、便座から離れられなくなるカレの様子はとくに面白くはなかった。
ハッキングに問題はなさそうだったので、いつものようにジェームズに任せた。
残念なことに……私はこの「ごちそう」を食べ尽くすことが出来なかった。
マークは失踪した。音沙汰がなくなってしばらくになる。


6216_1580.ef
Mariia
I always knew how to get myself in different crazy
situations. I call it a gift, so not to upset myself
with such nothingness. But this... I could not foresee
this.

 

Mark wrote me a letter where he tried to explain his
behavior, nicotine and why all this happened. Mark
turned out to be a gay for real. I can't believe
this. How I never noticed it? At least this explains
a lot. Like the fact, that he betrayed me with a guy
somehow makes things easier for me.

 

I don't have any conclusion or some guiding words
from all of this. Maybe I'm just glad I had such
experience in my life, But what should I do next? I
don't know.

私はどんな狂った状況の中でも自分を律する方法を知っていた。
虚無感に襲われても自分を見失わないように……。私はこの特性を贈り物と呼んだ。
だけど……。これはちょっと予想外だった。

 

マークは私に手紙をよこした。
そこにはカレの行い、ニコチン、一体全体何が起きたのかが書かれていた。
マークは事実、ゲイだったのだ。信じられなかった。
多くのことが明らかになった。
カレの浮気相手は男だった。
どういうわけか、その真実は私をいくらか楽にしてくれた。

 

いかなる結末も教訓も私は持たない。
数奇な体験ができたのは喜ばしいことかもしれないけど……。
次は一体何をするべきだろう?私には分からない。

 

chat.e Elisa
Elisa
Hey, mr Boner!
Are you going to return my fucking
panties?!
ヘイ、勃起マン!
私のパンツ、返してくれない?!

 

                                                                                                                                      

デモ版でお茶を濁す……。

ver1.0と2.0で細部の表現が変わってるようですが大筋は同じ……と思います。

訳すのは2.0のみで。

製品版は明日か明後日になる……と思います。