しばししばしばシシカバブー

英検3級がGoogle翻訳を駆使してADVを中心に海外ゲームを翻訳していきたいと思っているブログ。

「Bear With Me」 日本語訳 Attack~Attic~Episode1Fin


<<<<<<<<Attack>>>>>>>>>

 

<Dark Room>
テッド:We should get back to Millie...
ミリーのところへ行こう……。

 

 行く>Parent's Room>Hallway East>Hallway West>Amber's Room

 

f:id:advtranslate:20180818094501j:plain

<Amber's Room>
Oh no... Ted, it's Millie...
そんな……テッド……ミリーが……。

 


テッド:Dammit...

クソ……。

 


Why would somebody do this?
どうして?一体誰が?
She was just a sweet old woman, she's done nothing wrong to anyone...
彼女はすてきなおばあちゃんだった……誰にも恨まれる筋合いなんて無い……。
Poor Millie... I've had her since I was 5... Almost as long as...
可愛そうなミリー……5歳の頃からずっと一緒だったのに……

 


テッド:Me... Yeah, I know, doll... What do you think we should do now?
俺も……ああ、知ってるよ、ドール……。俺たちは一体どうすればいいと思う?

 


I honestly don't know, Ted... I'm a bit shaken up at the moment...
わからないよ……ショックが大きくて……。
I have to go find mom and dad, whoever this "red man" is, he's done something to Flint...
パパとママを見つけなきゃ。「レッドマン」が……フリントに何かあったら……。

 


テッド:Please don't get your parents involved, again... I suggest we head out to Paper City and see what we can dig up on this guy...
君の両親のことは忘れるんだ。いいな……。ペーパーシティへ行って男をさがそう。
テッド:We can go down to the docks and talk to CBG. He's bound to know something...
船渠に行って「CBG」と話すんだ。彼なら何か知っている。

 


Again? What do you mean?
何?どういう意味?

 


テッド:What? I don't know...
何だって?わからん……。
テッド:We should get moving... Is there any entrance to the city we can use at the moment?
とにかく行動に移すべきだ……今でも使える街への入り口はないか?

 


There's one in the attic... Maybe we can use that one...
屋根裏部屋にひとつ……多分まだ使えると思う……。

 


テッド:Yeah, good idea... Let's head out!
そうだな。いい考えだ……。さあ行こう!

 


Poor Millie... This is our fault, you know?
可愛そうなミリー……私たちのせいだ。そうだよね?
We told Rusty we'd keep an eye out and now she's dead... we've let her down.
ラスティに約束したのに。ミリーは死んじゃった……。私たちがやったんだ。

 


テッド:Hey... This is not your fault, that "red freak" did this...
いや……君のせいじゃないよ。「レッドフリーク」がやったんだ……。
テッド:Believe me when I say this, doll, you can't save everyone all the time... People die, thet's just how the dice roll.
ドール、これはわかってくれ。いつだって誰かを守ることなんて出来ない……。みんな死ぬんだ。サイコロを転がすようなもんだ。
テッド:All you can do at times like these is keep your head up, think of all the fond memories you have of her and just keep going...
君にできることは前を向いて、彼女との思い出と一緒に歩き続けることだ……。
テッド:We'll get that "red bastard" sooner or later, that's my promise to you...
遅かれ早かれ俺たちは「レッドバスタード」を捕まえる。約束するよ……。

 


I know... It's just...
私知ってる……これは……

 


テッド:It's sad, I know...
悲しみだ。
テッド:But life gets sad sometimes, You just have to pull through and happiness will find you again...
人生に時折訪れるものだ。乗り切ればいつか喜びも見つかるさ……。
テッド:Now let's go, we still have a case to solve and somebody's got to pay for this!
さあ行こう。まだ事件は解決していない。報酬をせびろうじゃないか。

 

話す>テッド
テッド:We should really go to Paper City...
ペーパーシティへ行こう。


テッド:Where did you say the entrance was?
入り口はどこだったか?

 

調べる>Millie Is Dead
It's so sad what happened to her... Poor Millie. I've had her since I was 5, and now she's gone...
とても悲しいことだよ……かわいそうなミリー。5歳の頃から今までずっと一緒だった……。

 

取る>Millie Is Dead
No point in dragging her around... It's also disrespectful. I'll come back after all of this is over and bury her back in the yard, underneath the pines...
彼女を動かしたところでなんの手がかりもないよ。それにとっても失礼だよ。全てが終わって戻ってきたら裏庭の松の木の下に埋めてあげる……。
It's the most peaceful place in the world...
そこは世界で一番平和な場所だから……。

 

調べる>Nail
It's a small nail, it must have fallen from the window.
小さな釘。窓から落ちたみたい。

 

取る>Nail
I'll just take the nail with me... The uses for it are practically endless.
釘を持っていくね……用途は無限大。

 

調べる>Wood
"Red" must have used it to hold the window up...
「レッド」が窓を開けておくのに使ったみたい……。

 

It's holding the window up...
窓が開きっぱなし……。

 

取る>wood
I'll take it with me. With some proper crafting it can be used to access things out of my reach.
持っていこう。ちょこっと工作すれば私の背が足りない場所にも手が届くようになるよ。

 

行く>Hallway west

 

<Hallway west>


Use Small Nail on Glasscase

テッド:That actually worked?
本当にそれでうまくいくのか?
テッド:You just unlocked something with an old, rusty nail...
あなたは古い錆びた釘で鍵を開けた……。
テッド:How convenient is that? That's just lazy writing!
それはなんて便利なんでしょう……そんなのは怠慢なプロットだ!
Don't be such a negative Nancy, snoop... Of course it worked, my genius knows no bounds...
スヌープ、そんなに悲観的にならないで。ちゃんとうまくいったよ。我が才に限り無し……。

 

調べる>Hook Thingy
It hangs on these chain thingies, I have no idea what that's for... Some clock stuff I bet...
チェーンにぶらさがってる。これは時計の……何に使うのかさっぱり……。

 

取る>Hook Thingy
Yay, I got the hook thingy! I bet this will be super useful, like, really soon...
フックを手に入れたよ!今すぐにもすっごく役立つと思う。

 

<アイテムインベントリ>


Use Hook on Duct Tape
This won't work, it usually takes two or more of these...
動かないよ。何か足りないんだと思う……。

Use Wooden on Borad Hook
This won't hold on its own.
これだけじゃ意味ないよ。

Use Duct Tape on Flimsy Attic Hook
There... Now I can have higher aspirations.
よし……今の私なら大きな野望が持てる。

 

Use Attic Hook on Attic Door



MILLIE, RUST AND THE MUGSHOTS
ALL ESCAPED THROUGH THE EAST
TUNNNEL, IT'S CLOSED OFF NOW.
ミリー、ラスト、マグショットの全員が東のトンネルを使って避難してきた。
それも今じゃ閉鎖中だ。

 

WE'VE HEARD FROM
SEVERAL SOURCES NOW
THAT THE POLICE
COMMISSIONER HAD
ORDERED A LOCKDOWN.
誰もが口をそろえて警察が街の封鎖を命令したと言った。

 

I WAS STARTING TO WONDER WAS IT
TO KEEP EVERYONE AT BAY TIL'THEY
CATCH THE PERSON RESPONSIBLE OR
WAS IT TO MAYBE KEEP SOMEONE OUT...
俺は疑問を感じ始めた……。
その封鎖は犯人を捕まえるまで誰1人として街に寄せ付けないためのものなのか、
それとも誰かを街から締め出したかったのか……。

 

IT'S TOO BIG OF A COINCIDENCE THAT
ALL OF THIS STARTED TO HAPPEN AT
THE SAME TIME I LEFT THE CITY, AND
NOW I FIND MYSELF UNABLE TO RETURN.
全ては俺が街を去ってから同時多発的に始まった。
俺はいまさら後戻りできないことに気付いた。

 

I'VE COME ACROSS THE MUGSHOT
BROTHERS, BUT AS EXPECTED THEY
WERE UNCOOPER A TIVE
俺はマグショットブラザーズに出くわした。
やつらは予想通り俺に協力する気などなかったが……。

 

WISEGUYS... REASONING WITH
THEM IS A FRUITLESS EFFORT.
賢い奴らだ……やつらとの会話は空回りしていくだけだった。

 

HOWEVER, THE LITTLE INFORMATION
I GOT FROM THEM COULD BE USEFUL
LATER. THEY SEEMED NERVOUS, I
MEAN, MORE THAN USUAL...
しかしまあ……やつらから得た極少ない情報もいつかは役に立つだろう……。
やつらはいつもより緊張しているように見えた。

 

WE'VE FOUND SOME CLUES AROUND
THE HOUSE THAT COULD HELP US FIND
FLINT, BUT SO FAR EVERYTHING IS
LEADING NOWHERE...
俺たちは家探しをしていくつかのフリント失踪の手がかりを得たが……。
いまのところ何の成果も上がらない……。

 

I'VE EXAMINED THE EVIDENCE MYSELF
BUT CAN'T CONNECT THE DOTS YET. IT
SEEMS APPROPRIATE THAT THE LAST
CASE IN MY CAREER WOULD BE LIKE
THIS...
証拠品を自身で当たっても点が線になることはない……。
俺のキャリアの最後を飾るのにふさわしい難解な事件だ……。

 

EVERYONE KNOWS THE
STORY...
まったく陳腐な筋書きだ……。

 

THE DETECTIVE ONLY HAS A COUPLE
OF DAYS TIL' RETIREMENT BUT THEM
THE LADY IN DISTRESS SHOWS UP
AND BEGS HIM TO HELP HER OUT.
数日後に迫る退職日を待つ探偵……。
しかし彼のもとに苦悩する女が現れ、彼に助けを求める……。

 

HE DICIDES, AGAINST ALL
REASON, TO DO THIS ONE LAST
THING, BUT THE CASE PROVES
TO BE HIS HARDEST YET.
何かに突き動かされ彼は決めた。これを最後の仕事にすると。
だがそれは彼の体験したことのない難事件だとあとに気づく。

 

SOMEWHERE DOWN THE
LINE THE DETECTIVE
GETS SHOT... FADE TO
BLACK...
そしていつしか探偵は銃弾に倒れ……。フェードアウトして映画は終わりだ。

 

WE HAD A RUN-IN WITH
THE MAIN SUSPECT, THE
MAN IN THE RED HOOD.
俺たちは容疑者に迫っていた。
赤いフードを被った男。

 

UNFORTUNATELY, WE
WERE TOO LATE.
不運にも、俺たちはあまりに遅すぎた。

 

IT'S SAD WHAT HAPPENED TO MILLIE,
AND AMBER REALLY LOST IN FOR A
MOMENT.
ミリーに悲劇が起こり、アンバーは茫然自失していた。

 

I DID ALL I COULD AND GAVE HER A
PROMISE THAT I'D CATCH THE MAN
RESPONSIBLE...
俺がしてやれる全てのことをして、やつを絶対に捕まえると約束した……。

 

IT'S NOT MUCH BUT IT'S THE LEAST I
CAN DO.
不十分だが、俺にできることはそれだけだ。

 

WE HAD TO TABLE ALL OF OUR OPTIONS,
AND WE DICIDED TO GO BACK TO PAPER
CITY.
俺たちはすべての可能性を表にして、ペーパーシティへ戻ることを決めた。

 

I HAVE AN INFORMANT THERE THAT
COULD KNOW SOME THINGS AND THAT'S
OUR BEST BET AT THE MOMENT.
そこには情報提供者がいる。彼なら何かを教えてくれるだろう。
それが今取れる最善の策だ。

 

RED, IT SEEMS, WANTS TO GET TO
AMBER, SO I FIGURED I'D DRAW HIM OUT...
「レッド」はアンバーを狙っている。俺がやつを引きずり出してやる……。

 

BEST PLACE TO DO THAT IS THE CITY.
とにかく街へ行かなければ……。

 

I NEED TO LEVEL THE FIELD,
COORDINATE WITH THE POLICE
AND TO SET A TRAP.
やつと同じ土俵に立つ……警察を丸め込んで罠を仕掛けてやる。

 

AFTER WE GET HIM CORNERED I'LL MAKE
HIM TALK AND WE'LL FIND OUT WHAT
HAPPENED TO FLINT.
やつを追い詰めてやつの口からフリントをどこへやったか聞き出すんだ。

 

LET'S JUST HOPE IT'S NOT TOO
LATE...
全てが遅すぎないことを願おうじゃないか……。

 

f:id:advtranslate:20180818094524j:plain

<Attic>


話す>テッド
テッド:Is that cabinet there locked?
そこのキャビネットには鍵がかかっているのか?

 

テッド:There's a policeman, we should go and ask him a couple of questions... I mean he is a cop so he's probably even more clueless than us...
警官がいるな。いくつか質問してやろう……俺が思うに彼は俺たちよりも状況をつかめていないが……。
テッド:It's worth a shot, though...
試してみる価値はあるさ……。

 

調べる>Rool Top Desk
The convertible of desks, Very chick...
コンパチブルテーブル。とってもかわいい……。

 

取る>Rool Top Desk
It's locked...
鍵がかかってる……。

 

調べる>Candle
It's a candle...
ろうそく……。
Forgottern here, until the lights go out, then it's like... Ohh, where are those candles we keep in the house?
停電の時までここで忘れられてる……。それは……ええっと……ろうそくの保管場所はどこだっけ?

 

取る>Candle
I'll take it with me just in case... Maybe I'll need to read in the dark at some point or something...
ろうそくを持っていこう……。いつか暗闇の中で何かを読まなきゃいけないことになるはず……。

 

調べる>Bucket
It acts as the last line of defense between the housemates and the harsh environment outside...
この家の住人と外の過酷な環境の最終防衛ラインなの……。

 

A bucket... Thet's a funny word... Bucket, bucket...
バケツ……ヘンな響き。バケツ、バケツ……。

 

調べる>Cardboard Box(向かって右)
It's filled with towels I think... Or sheets or something...
タオルかシーツか……なにかでいっぱい。

 

調べる>Cardboard Box(向かって左)
It's filled with attic stuff, Christmas decorations and whatnot...
屋根裏部屋にはお決まりの、クリスマスのデコレーションが詰まってる。

 

It's filled with the kind of stuff no one ever uses, but is too important, for some reason, to be thrown away...
誰も使わないものでいっぱい。だけど大事な物たち。なぜか打ち捨てられた……。

 

調べる>Horsy
Are you hungry, horsy? Ted, do we have we have a wooden carrot for him?
お腹が減ったの、お馬さん?テッド、木製のニンジンがなかったかな?

 

調べる>Attic Stuff
Just some random attic stuff, you'd usually find in an attic...
大抵の屋根裏部屋におなじみのいろんなもの。
There we have an old bean can... Is it empty? Full? who knows, the mystery is part of the fun...
古い豆の缶詰がある……空っぽ?いっぱい?誰も知らない、それはミステリーの一番楽しいところだよ……。
Then there's some bag of something... Flour maybe? A bunch of boxes, filled with ugly clothes...
袋もある……小麦粉かな?いくつかの箱、趣味の悪い服でいっぱい……。

 

調べる>Brian
Poor thing, I bet he feels so alone up here.
かわいそう。今までずっと1人だったみたい。

 

話す>Brian
Good evening, officer...
こんばんは、おまわりさん……。


ブライアン:Oh my god, Miss Ashworth?
ああそんな…ミスアシュワースですか?
ブライアン:Is that really you? I must say, I've only seen you in the papers but you look even better in person....
ああ、本当に?ああ……あなたのことは文献でしか知りませんが、考えていた以上に素晴らしいお人だ……。


Stop, you're going to make me blush... Oops, too late...
待って、褒めすぎ。顔が赤くっちゃう……。ああ、遅かった……。
Ah, no but seriously, officer...
ああいや、本気で言ってるんじゃないよ、おまわりさん……。


ブライアン:Burke, Miss Ashworth. But you can call me Brian...
バークです。ミスアシュワース……。ああ、ブライアンと呼んでもらってもかまいません……。


Ok, Brian, we need to enter the city.
わかったよブライアン。私たち街へ行きたいんだけど。
You see we're working on this case and we need to find a friend of ours... He might know some things.
見ての通り私たちはこの事件を調査してるんだけど……知り合いに会いに行きたいんだ。彼なら何か知ってるかもしれない。


ブライアン:I'm terribly sorry, Miss Ashworth, I'm afraid no one is allowed to enter the city at this point...
ミスアシュワース、非常に申し訳ないのですが、現時点では誰であっても街へ入ることを許可することはできません……。
ブライアン:Not even a beloved and well-known celebrity such as yourself... I'm so, so sorry...
あなたのような愛すべき名声ある有名人でも……本当にすみません……。


Wow...
ワオ……。


ブライアン:Soooooo so sorry...
ほんとおぉぉぉぉぉぉおうにすみません……。


That's Ok...
わかったよ……。


ブライアン:So sorry...
すみません……。


テッド:Aren't you a bit young to be a policeman?
おまわりしては少し若く見えるが?


ブライアン:Police officer... Actually, I'm fresh out of the academy, but I'm planning to make detective in a couple of years.
「警官」です……。確かに自分は警察学校を出たばかりでして……。しかし数年後に探偵への転職を計画しています


テッド:Well, that's ambitious.
へえ。そりゃ大層な野望だ。


Is that a fake moustache?
それってもしかしてつけひげ?


ブライアン:Umm... No.
ええっ……違います。


It is, it just fell on the floor...
ああ……床に落ちちゃった……。


ブライアン:Well, this is embarrassing...
ああ……お恥ずかしいところを……。
ブライアン:I'm sorry, everyone at the station has a moustache these days and I just can't seem to grow one myself...
申し訳ありません。ここ最近、同僚はみんな口ひげをはやしているのですが……自分のはなかなか伸びないので……。
ブライアン:My fiancee even makes fun of me sometimes...
フィアンセにも時々からかわれます……。


Well, I think you look just dashing without a moustache. It makes you look younger...
でも私はつけひげがないほうがたのもしい感じがすると思うよ。若く見えるし……。


ブライアン:Thank you kindly, Miss...
ミス、心から感謝します……。


テッド:That's a tough deal kid, you'll have a hard time becoming a detective if you don't have a moustache...
こりゃ難しい駆け引きだぜ、キッド。口ひげなしじゃ探偵になるのは難しいんだ……

 

ブライアン:But you don't have one, Mr.Bear.
しかしMr.ベア、あなたにひげはありませんよ。


テッド:I'm a private snoop, Jimmy, I don't need to fit in... I walk my beat alone...
ジミー、俺は特別なんだ。必要ないのさ……。俺は好きにやるんだ。


Oh my god...
もう……。

 


>Can't you make an exception?
例外を作ることはできないか?
>>Do you know anything about the "red man"?
レッドマン」について何か知らないか?
>>>Have you sene Flint?
フリントを見なかったか?

 


>テッド:Can't you make an exception to let us pass, just this once?
一度でいいんだ、俺たちを通すために例外を作ることは出来ないか?
>ブライアン:Mr.Bear, as much as I admire both you and Miss Amber... Seriously I'm a huge fun, but orders are still orders.
Mr.ベア、自分はあなたとミスアンバーを尊敬しています……自分は大ファンですが、命令は命令です。
>ブライアン:Things are getting really bad down in the city, if anything were to happen to Miss Amber I could never forgive myself...
街は刻一刻とひどい状況に陥っています。もしミスアンバーに何かあったら自分は自分を一生許せません……。
>テッド:Dave, who ordered this lockdown?
デイブ、誰か封鎖を命令したんだ?
>ブライアン:The state offcials... Mayor Mills himself signed the decree.
州公務員……ミルズ市長自らが法令に署名しました。
>ブライアン:I'm afraid without the mayor's signature no one is allowed to enter or leave the city at the moment...
今のところ市長の署名なしでは誰ひとりとして街からの出入りを許されていません……。
>ブライアン:Erm, and it's Brian, sir...
それと、自分はブライアンです。サー……。
>テッド:And how come the city is on lockdown anyways?
それじゃあ一体なぜ街は封鎖されたんだ?
>ブライアン:I'm afraid I'm not in a position to discuss such matters, Mr.Bear. Terribly sorry...
Mr.ベア、申し訳ありませんが自分はその問題を話せる立場にありません。

 


>>テッド:Stevie, do you know anything about the "red man"?
スティービー、レッドマンについて知らないか?
>>ブライアン:I'm sorry, Mr.Bear, I really can't discuss such matters... Em... I will tell you one thing though...
申し訳ありません、Mr.ベア。自分はそれについて話せません……。いえ……1つだけ言えることがあります……。
>>ブライアン:The word on the street is that the suspect, codename:"Red", is asking a lot of questions Miss Ashworth...
街で噂になっています。容疑者のコードネームは「レッド」。ミスアシュワースについて質問してまわっていると……。
>>テッド:What kind of questions? What's so interesting about Amber anyways?
一体何を聞くっていうんだ?アンバーの何がそんなに面白い?
Hey?
ちょっと?
>>ブライアン:Don't worry, Miss Ashworth, you're the most interesting person I know. If I was a crazy lunatic with an agenda, I would stalk you too...
ミスアシュワース、ご心配なさらずに……。あなたは自分の知る中で最も興味深い人物です。もし自分がとんでもない狂人だったならあなたのストーカーになっていたでしょう……。
Aww... That's so cute, thank you, Brian...
ええと……可愛いね。ありがとうブライアン……。
>>ブライアン:Oh no, now I'm blushing.
ああ、そんな……顔が真っ赤です……。
>>テッド:I just have to interrupt whatever this is...
一体なんのつもりだ?横槍を入れさせてもらおう……。
>>テッド:Jerry, what kind of information is "Red" after?
ジェリー。「レッド」について他に情報はないのか?
>>ブライアン:It's Brian sir, and I'm afraid I don't really know much about the subject. Only what I hear from my fellow police offciers here and there...
「ブライアン」です、サー。自分は彼についてあまりよく知りません。同僚から耳に入れた話はありますが……。
>>ブライアン:Besides, I'm not in a position...
また、自分は……
>>テッド:To discuss such matters, yeah, yeah I know...
「その問題を話せる立場にありません」。だろ。ああ、わかったよ……。

 

 

>>>テッド:You haven't seen Flint Ashworth by any chance?

ひょっとしたらフリントを見かけなかったか?
>>>ブライアン:Miss Ashworth's brother?
ミスアシュワースの御兄弟ですか?
>>>テッド:That's right, have you seen him?
そうだ。彼を見かけなかったか?
>>>ブライアン:I'm sorry, Mr.Bear, I'm confused...
申し訳ありません。Mr.ベア……自分は……混乱していて……よくわからなくなってきました……。
>>>テッド:That's understandable, son, you're a Paper City police offcier... Never mind that now...
落ち着け、坊っちゃん。あんたはペーパーシティの警官だ。今のは気にするな……。

 

 

>How do we enter the city?
どうすれば街へ行ける?

 

>テッド:So what it is we need to do in order to enter the city?
街への出入りの許可には何が必要なんだ?
>ブライアン:Well, I suppose you would have to get clearance, signed by mayor Mills himself...
そうですね。許可証を手に入れてミルズ市長に署名をしてもらえれば……。
>テッド:And he'll just sign this clearance, no questions asked...
それはなんのお咎めもなく貰えるのか?
>ブライアン:Normally no, I don't think so...
普通ならそうはいきませんが……。
>ブライアン:But since you're in the company of the beautiful and talented Miss Amber, I'm sure the mayor will make an exception...
あなたには美しく有能なミスアンバーが同行していますから、市長は例外を作ると思います……。
>テッド:I'll have to get the mayor on the phone, to sort this thing out...
市長に電話する必要があるな。ケリをつけようじゃないか……。
You think he'll let us enter the city?
彼は街に入れてくれると思う?
>テッド:I really don't know, but that drunk owes me a couple of favors, It's time to call him up on it... To the batcave!
分からない。だがあの酔っぱらいは俺に幾つか借りがある。やつに電話をかける時間だ……いざバットケイブへ!

 

 

<Ted's Office>
電話:Mayor's office...
市長のオフィスです……。


テッド:Hello there, doll. This is Ted E.Bear.
こんにちは、ドール。テッド・E・ベアだ。
テッド:You may know me from such cases as saving the mayor's ass on several occasions.
君は知ってるんじゃないかな?何度か市長の野郎を救ったことがある。
テッド:I've also set you up with a buddy of mine that one time...
1度だけ仲間と一緒に君を罠にはめたこともあったかな……。

 

電話:Of course, Mr.Bear, I know who you are...
Mr.ベア…もちろん覚えていますわ……。
電話:Are you looking to speak with the mayor, Mr.Bear, because I'm afraid he's not in at the moment?
市長にご用事ですか?市長はしばらく席を外しております。
電話:Can I take a message?
伝言を伺いましょうか?


テッド:No, I have to talk to the mayor personally, it's important... When will the mayor be back?
いや、直接話さなければならない重要な要件なんだ…。彼はいつ戻る?


電話:The mayor should be in first thing in the morning, Mr.Bear.
明日の朝一番には戻っていると思います。


テッド:Ok, never mind... Thanks anyway, doll...
わかった。忘れてくれ……。ドール、ありがとう……。

テッド:He's not in, and we don't have time to sit around and wait till he sobers up...
やつはいなかったよ。やつが目を覚ますのを座って待ってる時間はない……。
テッド:We'll have to find another way.
別の方法を探す必要があるな。


Hey, what if we made the clearance ourselves?
ねえ。私たちで許可証を作れないかな?


テッド:That's falsifying government papers, doll... I like it...
公文書偽造か……好きな言葉だ……。
テッド:There should be some stationery around here, give me a minute... Have a drink while you wait...
この辺に文房具があったはずだ。飲み物でも飲んで待っててくれ……。


A drink of what? Make-believe water?
飲むって何を?にせものの水?


テッド:Never mind, here it is...
忘れてくれ。出来た……。

テッド:There, now we just need something to use as a stamp, and we need to falsify the signature...
これだ。あとはスタンプが必要だな……。署名を偽造する必要もある……。
テッド:You're an artist, of sorts, you can do this, right?
君は曲がりなりにも芸術家だろ。どうにか出来ないか?


Not really... I could probably make a stamp out of something, but I can't falsify the signature...
ううん……スタンプは多分作れると思うけど……署名は無理……。


テッド:Fine, I'll get those two goons to do it...
わかった。俺があのまぬけどもに頼んでみよう……。


The Mugshots? You think they'll help you?
マグショットブラザーズに?彼らがあんたに手を貸すと思ってるの?


テッド:Don't worry, my right knuckle can be very persuasive...
心配するな。俺の右ストレートには説得力があるんだ……。

 

話す>テッド
テッド:I should go and ask those two lowlifes to sign this fake clearance...
ごろつきどもにこのにせ許可証に署名をしてもらう必要がある……。

 

行く>Amber's Room>Hallway West> Hallway east>Study

 

<study>
Use Attic Hook on key
I'll take this key with me just in case...It's always good to have keys around...
この鍵を持っていこう……。鍵があって困ることはないよ。

 

行く>Flint's Room


<Flint's Room>

Use Clearance on The Mugshot Brothers

 

テッド:I need your help, lowlifes.
お前らごろつきどもに頼みがあるんだ。
テッド:I've got this fake clearance to enter the city and I need you to falsify the mayou's signature...
このにせ出入許可証に市長の署名を偽造してほしいんだが……。


小さい方:And what makes you think we're the right guys for this? Do we look like counterfeiters to you?
オレたちにうってつけの仕事だってか?オレたちが詐欺師に見えるのか?

 


>Yeah, you sure do...
ああ。そう見える……。
>>Yeah, you do...
ああ。そう思ってる……。
>>>Yeah...
ああ……。

 


>テッド:Yeah, you sure do...
ああ。そう見える……。

 

>>テッド:Yeah, you do.
ああ。そう思ってる……。

 

>>>テッド:Yeah.
ああ……。

 


小さい方:Yeah, we can do this, but again, what's in it for us?
ああ。もちろん出来るさ。だけどな、なんでオレたちがそんなことしなきゃならないんだ?

 

 

>Can't you just do it out of common countesy?
ここは社会のマナーに免じて俺を手伝うべきだと思わないか?

>>Can't you do it for the kids?
子どもたちのためを思うなら手を貸すべきだと思うが。

>>>You better do it if you want to play the clarinet agein...
もう一度クラリネットを吹きたいんだったら手を貸した方がいいと思うぜ。

 

 

>テッド:Can't you just do it out of common courtesy?
ここは社会のマナーに免じて俺を手伝うべきだと思わないか?
>小さい方:You sure use a lot of fancy words there, snoop.
社会のマナー?スヌープ、そりゃ素敵な響きだな。

 

 

>>テッド:Can't you do it for the kids? Think of the children for God's sake...
子どもたちのためを思うなら手を貸すだと思うが。後生だから、どうか子供たちのことを考えるんだ……。
>>小さい方:What kids?
子供たちってなんだよ?
>>テッド:You know, just some kids... I don't know, it's an expression...
知ってるだろ。子供たちさ……。俺にはよく分からないが、ものの例えだよ……。

 

 

>>>テッド:You better do it if you ever want to play the clarinet again.
もう一度クラリネットを吹きたいんだったら手を貸したほうがいいと思うぜ。
>>>小さい方:What does that even mean?
そりゃどういう意味だ?
>>>テッド:What do you think? It means I'm going to confiscate you clarinet...
なんだと思う?俺がお前のクラリネットを差し押さえるんだよ……。
>>>大きい方:Oh, nooo... Not the clarinet, Jimmy.
ああ……そんな……。クラリネット……じゃない、ジミー。

 

 


テッド:Would you do it for Amber?
アンバーのためにどうにかしてくれないか?


小さい方:I would do it for Miss, but something tells me you're just dropping names to get us to agree...
ミスのためならもちろんやるさ。でもオレが思うには、お前はオレたちに「うん」と言わせるために彼女の名前をチラつかせてるだけだ。


テッド:She's with me and she needs your help...
彼女は俺と一緒にいる。お前の助けを必要としている……。


小さい方:Oh yeah? She sure lost a lot of weight or you've finally lost your mind, cause I can't see her...
そうなのか?どうやら彼女は質量を失ったみたいだな。そしてお前は正気を失った。もうオレたちは彼女をお目にかかれない……。


テッド:She's in the other room, she couldn't squeeze through...
別の部屋にいるんだ。彼女は抜け穴を通れなかった……。


小さい方:I'll cut you a deal snoop. You bring me proof that little Miss is with you and I'll falsigy this report card of yours...
取引しよう。リトルミスがお前と一緒にいる証拠を見せてくれたら通知表を偽造してやるよ……。


テッド:You mean the clearance?
許可証のことか?


小さい方:What? Yeah, the clearance...
ああ?そうだ。許可証だ……。


テッド:I'll be back...
すぐ戻る……。


小さい方:Sure thing, Arnold...
オーケー、アーノルドシュワルツェネッガー……。

 

<study>
You got it?
うまくいったの?


テッド:No, they don't have anything to write with, you have you pencils with you?
まだだ。やつらは筆記用具を持ってないんだ。ペンはないかい?


Here you go, but be sure to get them back...
どうぞ。でも絶対に返してね……。


テッド:I'll be right back.
すぐ戻るよ。

 

<Flint's Room>
Use Creators Tool on The Mugshot Brothers

 

テッド:There, does this qualify as proof to you?
これだ。証明になったか?
テッド:Now show some integrity for once in your life and do this thing...
お前の人生に1度きりの誠実さを見せてくれ。さあ、署名を……。


小さい方:Whao there! Are these the creator's tools? Where did a snoop like you get these?
ワオ!クリエイターズツールじゃないか?一体どこで手に入れたんだ?

 


>The Muffin Man gave them to me...
マフィン売りが俺にくれたんだ……。
>>Some guy at my local store has a bunch of these...
俺の行きつけの店の店主が山ほど持ってるよ……。
>>>I've made them myself...
俺が作ったんだ……。

 


>テッド:The Muffin Man gave them to me.
マフィン売りが俺にくれたんだ。
>小さい方:The Muffin Man?
マフィン売り?
>テッド:The Muffin Man!
マフィン売りさ!

 

>>テッド:Some guy at my local store has a bunch of these...
俺の行きつけの店の店主が山ほど持ってるよ……。
>>小さい方:Must be an important guy..
そりゃ重要人物だ……。

 

>>>テッド:I made them myself.
俺が作ったんだ。
>>>小さい方:It's amazing what you can do with some trees, a wood saw and a little time...
そりゃ驚いたな。木材にのこぎりに……あの一瞬で作ったのか……。
>>>小さい方:Seems like a good trade for you... You were a terrible PI.
良い商売になるぞ。あんたはしょうもない私立探偵だったが……。
>>>小さい方:Better change careers while you're still somewhat sober...
これからはしらふでいられるうちは今までよりずっといいキャリアを積めるぜ。

 


テッド:Amber gave them to me, obviously, they have her initials and everything...
アンバーに渡されたんだよ。見ろ。彼女のイニシャルだ……。


小さい方:Alright there, snoop... Don't get all riled up...
スヌープ……あまりオレたちをおちょくるな……。
小さい方:Show me that land deal you want falsified.
さあ、土地売買契約書を見せてくれ。


テッド:You mean the clearance?
許可証のことか?


小さい方:What? Yeah sure, the clearance...
ああ?そうだ、許可証だ……。
小さい方:There... Now if you don't mind, me and Jon-Jon have some business to attend to...
出来たぜ……。オレとジョン=ジョンはこうみえて忙しいんでね……。
小さい方:So how about you hit the ol' dusty trail...

できるだけ気まずそうにしてこの場を去ってくれないか……。


話す>The Mugshot Brothers
小さい方:If you don't mind, me and Jon-Jon have some business to attend to...
オレとジョン=ジョンは仕事に取り掛からなきゃならないんでね……。

 

行く>Study


<study>
テッド:There, all sorted out...
これだ。うまくいったよ……。


You didn't hurt them, did you?
ケガはさせなかったんだよね?


テッド:I sure did, lowlifes like that only understand one kind of language...
もちろんさせたさ。暴力はごろつきにも理解できるただひとつの言語だからな……。


Oh no, Ted... Why are you always so mean to them?
ああ、テッド……どうして彼らにきつく当たるの?


テッド:What? No, it's expected with those two...
なんだって?いや……最初からそういう予定だったんだ……。
テッド:Never mind that now, I got it sorted.
今は忘れろ。うまくいったんだ。
テッド:Let's get back to that cop boyfriend of yours...
君のボーイフレンドのお巡りさんのもとへ戻ろうじゃないか……。

 

話す>テッド
テッド:We should get the clearance to that cop of yours,
君のお巡りさんに許可証を見せてやろう。

 

行く>Hallway East>Hallway West>Attic


<Attic>


話す>ブライアン
ブライアン:Good evening, Miss Ashworth, Mr.Ted. Got that clearance yet?
こんばんは。ミスアシュワース、ミスターテッド。もう許可証は手に入れられましたか?
テッド:Is he making fun of us? I can't tell...
気付いたんだが……もしかして彼は俺たちをからかっているのか?
Not yet, we're working on it, Brian...
まだだよ。取り組んでる最中。

 

 

Use Office Desk Key on Rool Top Desk
Hey, the key fits, let's see what w have in here...
やった!鍵がはまったよ。何が入ってるか見てみよう……。

 

 

調べる>Vial of Ink
Vial of Ink... It's a vial of Ink, boy this desk must be really old, who uses ink anymore...
インク瓶……。これはインク瓶だね。この机は本当に昔のだよ。このインクも誰も使ってないみたい……。


取る>Viar of Ink
I'll take the ink with me... If we wake up in 1789 tomorrow I'll be all set.
インクを持っていこう……。もし明日目覚めたら1789年にタイムスリップしててもこれで安心だね。

 

 

<アイテムインベントリ>
Use Swiss Army Knife on Candle
There, now I got a stamp... All I need now is some ink.
よし。スタンプが出来た……。必要なのはインクだけ。

 

Use Viar of Ink on Stamp
Messy... Hopefully I won't get it all over my pockets.
汚い……。できればポケットにはいれたくない。

 

Use Wet Stamp on Signed Clearance
All done. Wow forging documents is a lot of work...
これでよし。ふう。書類の偽造ってけっこう大仕事なんだね……。

 


Use Legit Clearance on Brian
テッド:Here you go, Mike, signed by Jimm... Em... Mayor Mills himself.
これだ、マイク。ジミー……いや……ミルズ市長の署名だよ。
Yes, here it is and it's, like, totally real and not at all fake...
そうだよ。これがそうなの。そう。にせものなんかじゃない、どう見ても本物……。
ブライアン:Well, everything seems to check out... Wait a minute...
はい。見たところ全て一致しているようです……少々お待ちを……。
ブライアン:And enjoy the scenery, Miss Amber, Mr. Ted. It's a beautiful view of the city from here.
ではお楽しみください。ミスアンバー、ミスターテッド。ここから見る街の景色は美しいですよ。
ブライアン:Have a nice night.
それではいい夜を。
Yoo too, Brian...
あなたもね、ブライアン……。
テッド:Good night, Byron.
おやすみ。バイロン

 


調べる>Box
And again, a box filled with who-knows what... Nothing interesting about these boxes, believe me...
何度も言ってるじゃん。箱に何が入ってるかなんてわからないよ……。何も面白いものなんて無い。私を信じてよ……。
テッド:Who are you talking to?
誰と話してるんだ?
No one... Why?
誰とも……なんで?

 

調べる>Mannequin Torso
TTed, quickly! Someone mutilated that poor, creepyas-hell mannequin... We better investigate!
テ、テッド、早く!誰かがかわいそうなものすごく気味の悪いマネキンをバラバラに……よく調査しなきゃ!

 

That thing is so creepy...
とっても気味が悪い……。
I bet it comes alive at night and drags itself around the floor...
夜になると動き出して床を這いずり回るんだ……。
It slowly advances towards the exit until the day it comes down and strangles us in our sleep in a true Silent Hill manner...
そうやって出口に向かって一歩一歩進んで私たちが寝てる間に絞め殺すんだよ……サイレントヒルで見たもん……。

 

行く>Paper City South
Alright, I guess we're going back there...
よし……私たちいつかはあそこに戻るって思ってたんだ……。
You ready, Ted?
テッド、準備はできた?


テッド:Give me a minute...
少し待ってくれ……。
テッド:I thought I left that place for good, you know? What about you? You haven't been there in some time, doll...
俺はあれを最後に戻ることはないと思ってたよ。どうだい?君はしばらく来なかったんだろ……。


Yeah, I think so... Besides, we have a case to solve...
うん、そうだね……。とにかく事件を解決しなくちゃ……。


テッド:You're right... Let's go.
そうだな。よし、行こう。

 

 

<Paper City South>
It kind of feels like going home...
なんだか家に帰るみたいな気分……。


テッド:Goddammit...
くそ……。
テッド:It really does...
そのとおりだ……。


Ted, I never asked you... What happened to your former partner?
テッド、聞いたことなかったよね……あんたの昔のパートナーに一体何が起きたの?


テッド:He grew up...
彼は大人になったのさ……。

 


Episode1 Fin

 

                                                                                                                                      

メモ

negative Nancy

悲観的で文句ばっかり言ったり物事のマイナス面だけを見てるような人のこと。

何でナンシー?ナンシー・ドルーは関係あるのか?と思ったけどなさそうでしたね……。

 

To the batcave!

よし行くぞ!くらいの意味でしょうか?目的地に向かうときに叫ぶ感じ?

バットマンが元ネタなんですかね?

多分秘密基地へ戻ろうみたいな意味ですね……。

 

common countesy

社会の一般的な礼儀。マナー。通念。

 

Think of the children for God's sake

think of the childrenが成句になっていて、子供の権利のこと。

論理を捨てて相手の感情に訴えるときに使うようなニュアンス?

 

Sure thing, Arnold...

I'll be backを受けての発言なのでおそらくターミネーターが元ネタ?

勝手に訳でシュワルツネッガーを補足しました……。

 

The Muffin Man

The Muffin Man という童謡があるみたいです。

 

PI

私立探偵、Private investigatorのことだと思われる。

 

you hit the ol' dusty trail

気まずい環境にある人が言葉少なに立ち去りたいときに使うみたいな言葉?

 

If we wake up in 1789 tomorrow

1789年へタイムスリップする映画とかあるんですかね……?歴史上の主な出来事はバスティーユ襲撃フランス革命の始まり。

robert oster maroon 1789という赤色のインクがあるみたいですが、関係あるのか?